第67回 糖尿病看護ケア研究会プログラム
『事例につまったエッセンスを活かす』

日時と会場

2022年2月8日(火)18:00〜20:00

約1年ぶりの研究会開催いたします。内容は4つの事例を報告していただけることになりました。
事例につまったエッセンスを明日のケアへつなげることができる内容となっております。
今回もWEBによる開催で、参加費は無料です。
これまで会員になられたことのない方もご参加いただけます。ぜひご参加ください。
お申し込みいただいたメールアドレスに当日の視聴URLをお送りします。

プログラム

※表の内容が見切れている時は左右にスワイプしてください。

講演名目 講師
在宅見守りシステム運用開始! 報告者
坂本 早苗・木下 暢子(公立能登総合病院)
インスリン注射が必要な認知症独居高齢者の自己退院に向けた支援 報告者
北方 渚(公立能登総合病院)
・認知症があり入院治療が困難な患者へのインスリン調整を含めた外来看護
・一事例紹介
報告者
東 康子・由本 聡登美(芳珠記念病院)

申し込み先

メールフォーム:当ページ下部から参加されるメールアドレスをお知らせください。

担当:金沢大学医薬保健研究域保健学系 堀口 智美

〒920-0942
金沢市小立野5-11-80 金沢大学 鶴間キャンパス(保健学科)
Tel : 076-265-2500 (代)

受付期限

受付期間:2022年2月7日(月)まで受け付けます。

受講決定について

お申し込みいただいたメールアドレスに当日の視聴URLをお送りします。

参加費

無料

取得単位

糖尿病療養指導士更新のための単位は取得できません

参加申込みフォーム